スイムトレーニングの基本練習紹介

スイムトレーニングの基本練習紹介

トライアスロンのスイム練習の場合、トレーニングの為の準備としてドリル中心によるフォーミングを十分に行ってください。その上で、ディスタンスによる筋力強化とミックス及びレペティションなどによりスピードアップを計ります。メイン練習は、やはりインターバルになりますが、時間に応じ2つ以上のメニューをこなせれば効果 的です。最終的に、ネガティブやブロークンなどで目標タイムを目安に練習できるとよいでしょう。

ディスタンス

長距離を続けて泳ぐことににより、持久力(長く持ちこたえる力)を高める。普通 、全力の60~80%で泳ぎます。

インターバル

比較的短い休憩時間で、多くの本数を泳ぎます。

  • ストレート…泳ぐ距離と休憩が一定であり、一本一本を平均的なタイムで泳ぐ。
  • ディセンディング…本数を重ねるごとに、スピードを上げて泳ぐ。
  • ディクリージング…インターバルをセットにわり、セット単位 で休憩を短くしていくなかで泳ぐ。
  • インクリージング…セット単位で休憩を長くしていく為、セットごとにスピードを上げて泳ぐ。
  • ベアリング…セットごとに距離に変化をつけていくなかで泳ぐ(ピラミッド)。

ネガティブ

泳ぐ距離を前半と後半に分け、前半より後半を速く泳ぎます。

プロークン

目標とするタイムの距離を分割して泳ぎます。途中休憩を5~20秒入れることによりその目標タイムが必ず切れるよう頑張らなければなりません。

ハイポキシック

呼吸をコントロール(通常より少なく)して泳ぎます。但しスピードを落としてしまうと、その効果 は得られません。

ミックス

ある程度長い距離のなかで、楽な泳ぎときつい泳ぎを交互に泳ぎます(ピックアップ)。インターバルのなかで、スピードプレイ(ハード・イージー)として行う場合もあります。

レペティション

比較的短い休憩時間で、少ない本数を全力の90%以上で泳ぎます。

スプリント

無酸素運動(呼吸なし)の範囲内を、全力で泳ぎます。

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る