スイムトレーニング用語集

スイムトレーニングの基本練習紹介

クロール

競泳では自由形=フリースタイル=Fr(フリー)

背泳ぎ

バックストローク=BaまたはBkまたはBc(バック)

平泳ぎ

ブレストストローク=Br(ブレ)

バタフライ

BtまたはFly(バッタまたはフライ)

個人メドレー

インディビジュアル・メドレー=IM(アイエム) バタフライ~背泳ぎ~平泳ぎ~クロールの順に泳ぐ。

サイクル

泳ぎ始めから次の泳ぎ始めまでの、1本ごとの反復時間のこと。与えられた時間内にスイム時間と休憩時間が含まれる。1分サイクルで回ることを1分持ちともいう。

アップ

ウォームアップの略。

K(キック)

脚の動作、脚だけで泳ぐ。

P(プル)

腕の動作、腕だけで泳ぐ。

S(スイム) C(コンビ)

普通の泳ぎで泳ぐ。

ノーブレス

息つぎなしで泳ぐ(ノーブレ)=ノーブリージングスイムともいう。

ストローク

水泳においては、手足のかきという意味あいを持つ。

リカバリー

1ストロークを終わって次のストロークを行うために、足や手をストロークの初めの位 置に戻す動作をいう。

リカバリースイム

身体の状態(くずれた泳ぎや乱れた呼吸など)を元に戻すために泳ぐことをいう。

ドリル

繰り返し練習・反復練習の意味であるが、水泳では効率よく推進力を生み出す泳ぎを作るためのストロークドリルなどのことをいう。

スクーター

片手ストロークのことをいう。回さない方の手は前に伸ばすか、又は気をつけの状態で止めておく。(片手クロール)

フォーミング

フォームを意識しながら泳ぐ。

イーブンペース

一定(同じ)のペースで泳ぐ。

ダウン

クールダウンの略。

IMリバース

個人メドレーを逆の順番で泳ぐ。

R .L .S

R(右スクーター)、L(左スクーター)、S(スイム両手)の意。

ディセンディング

本数を重ねるごとにスピードを上げて泳ぐ。

AT1(エーティーワン),AT2(エーティーツー),OL(オーバーロード)

造語的な分類に入るため、テキストによってはいろいろな言葉で書かれているが、このスクールの練習を進めていく上で、あえて解りやすく言うと… AT1=一定のペースで泳ぎ続けることのできるスピード。無理なく?ロングスイムを泳ぎ続けることのできるスピード。AT2=一定のレスト(例えば休憩時間が50mのINであれば5~10秒、100mのINであれば10~20秒程度)をとるなかで、泳ぎ続けることのできるスピード。 ロングスイムを泳ぎ続けることができる最大のスピード。OL=一定のペースで泳ぎ続けることのできないスピード。泳ぎ続けることのできないスピードなだけに、インターバル練習でそのタイムを落とさないように頑張らなければならない。過負荷練習=しんどい練習。[ちなみにTJ2002.3月号の低脂肪アスリートになろうの3つのエネルギー回路でいうと、AT1=有酸素系、AT2=有酸素系と解糖系の境界線、OL=解糖系、SP(スプリント、ダッシュ)=ATP-CP系である。トライアスリートは、いかにしてAT2を伸ばすかが重要である。]

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る