店舗の特徴

トライアスロン専門店アスリートカンパニー

  アスリートカンパニーは、創業1989年の大阪のトライアスロン専門店です。

 「自信をもっておすすめできるトライアスロングッズを提供すること」
 「正しい情報・ノウハウ・メカニックスキルで完走をサポートすること」を心がけています。

 これからトライアスロンを始めてみたいが、
 何から準備すれば良いのか解らないという初心者の方には、

 無理なく完走を目指せるトライアスロンデビューの大会の選びから、
 スイム、バイク、ランのバランスを考えたトレーニングのアドバイス。
 トライアスロンに適した、適応サイズの自転車の製作。
 身体にフィットした、オーダーウエットスーツの製作。
 スイム、バイク、ラン、三種目通して使えるトライアスロンウエアの準備。
 大会間近になると、レース会場へのアクセス案内や
 バイクのレース直前安全点検、梱包発送のお手伝いまでさせて頂いています。

 また、
 宮古島ストロングマンやアイアンマン等のロングを目指すトライアスリートの方々には、
 経験豊富なプロメカニックによるトライアスロン専用バイクの製作。
 決戦用ホイールのセッティングやパーツ組換えや等の個別チューンナップ対応。
 RETULプロバイクフィッターによる、コンピュータ解析バイクフィッティングサービスの提供。
 スイムスクール(毎週金曜日/月4回)、バイク練習会(不定期)等の開催も行っています。

 アスリートカンパニーでは、トライアスロン専門店として、
 使いやすいトライアスロングッズを販売するだけではなく、
 30年間レースの現場で磨いてきたバイクメカニックスキル、練習ノウハウ、を生かし、目的達成までサポートさせて頂きます。

 <お店の特徴>
 1989年設立。全く泳げない方のトライアスロンデビューから、ハワイアイアンマン出場レベルの方までの
 トライアスロンライフのサポートをしてきています。
 ・トライアスロンバイク製作(累計製作台数2,200台以上)
 ・トライアスロン・ロードバイクのメカニックサービス提供(22,000台以上)
 ・オリジナルオーダーウエットスーツ製作(累計10,000着超)
 ・RETULバイクフィッティングサービスの提供(国内初のコンピュータ解析システム)
 ・トライアスロン協会代表メカニック
 ・トライアスロン審判指導員・バイクメカニック講師
 ・インドバイクレッスン講師
 ・スイムスクール運営(1992年~継続)
 ・パーソナルレッスン提供(バイク)
 ・トライアスロン情報メールマガジン「カゲトレ」でトライアスロン情報提供(会員8048名/2016年現在)
 ・トライアスロン出場経験多数
 ・「なぜあの人はあんなにバイクが速いのか」小冊子無料配布16刷り16000部発行


アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています! アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています!

『あの感動を味わってほしい』
『もっとトライアスロンの楽しさを知ってもらいたい』そんな思いから、
1989年トライアスロン専門店アスリートカンパニーはスタートしました。

『トライアスロンについての正しい情報があれば、
トライアスロンに興味を持ってもらえるのではないか!』
『トライアスロングッズが豊富にあれば、
トライアスロンを始めやすいのではないか!』
『トレーニング方法が解れば、長く続けてもらえるだろう!』
『仲間で一緒に練習したり、
トライアスロンの話しで盛り上がれる場があれば、もっと楽しいだろう!』
『詳しい大会情報があれば、大会参加もし易いだろう!』
『もっと速く走れる様に専門的ノウハウを提供しよう!』
創業当初の思いは、28年後の今も変わりません。
アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

トライアスロン ペイフォワードプロジェクト
トライアスロンの魅力を伝える
「トライアスロン ペイフォワードプロジェクト」。

皆さんは、『ペイ・フォワード 可能の王国』という映画、ご覧になった事があるでしょうか?
ある日、小学校の社会科の授業で『世界をよくする方法は?』という課題が出されます。
クラスの中の主人公の少年が思い付いた方法は、自分が受けた『善意』を相手に返さず、
別の3人に伝えていくというものでした。
そのアイデアはとても素晴らしいものでしたが、現実性がないと先生の評価は低いものでした。でも少年は、身近な人への善意のペイフォワードをはじめます。始めは身近な人への善意もなかなか上手く伝わりませんでした。

続きを読む

しかし諦めず善意を繰り返すうち、その純真な思いが人の心の琴線に触れ、人の心から心へと広がり、やがて町から町へ、そして都市へと、大きなムーブメントとなって広がっていくというお話です。映画のようには、上手くいかないかも知れませんが、私達も『トライアスロンの楽しさ』をペイフォワード(次へ伝える。次へ回す。)することを続けて行けば、やがて大きなムーブメントがおこり、多くの人がトライアスロンを気軽に楽しめる様になると信じています。

練習会、セミナー開催、スクール運営など、私達は日々活動しています。
少しづつではありますが、トライアスリートの輪は広まってきています。
もっとトライアスロンの楽しさを広めていくには、皆さんの力が必要です。これからトライアスロンにチャレンジされる方は、まずはご自身であの感動や楽しさを味わって下さい。そして、ご自分で体験した感動と楽しさを、ぜひ、身近な人にペイフォワードして下さい。
経験豊富なトライアスリートの方は、経験してきたからこそ知っているトライアスロンの魅力をご自分の身近なひとに伝えていってほしいのです。

トライアスロンの楽しさを経験した人が、別の3人にペイフォワードしていけたら。
やがて、 一人が三人に。三人が九人に。九人が二十七人に…..
そんなに上手く行かないかも知れませんが、でも皆さんの思いと行動があれば、やがてはムーブメントは起こり、トライアスロンが誰もが気軽に楽しめる生涯スポーツになる日が来ると信じています。

……1997年記述文章


2013年の今、トライアスロンの普及というペイフォワード推進委員会の願いは、私の想像を大きく超えるスピードで進み人気スポーツと言えるようになりました。とても嬉しいことです。

『ありがとう、完走できました~!』と言って喜ぶトライスリートの日焼けした顔を見るのが私達トライアスロン専門店の何よりの励みになります。ただただ前向きに頑張るトライアスリート気質が大好きです。

宮古島トライアスロンの映像を観て感激した。 自分もやりたいと思った。 気づけばトライアスロンをやっていた。 トライアスロンが大好きになった。 トライアスロンが仕事になった。 トライアスリートに役立つことが喜びになった。

トライアスリートの皆様から信頼される専門店サービスを提供していきます。
これからもよろしくお願い致します。

アスリートカンパニーの歩みとトライアスロンの歴史

TRIATHLON | トライアスロンの歴史

Athlete Company | アスリートカンパニーの歩み

トライアスロン誕生(カリフォルニア州サンディエゴで誕生)

第1回アイアンマントライアスロン大会開催
(ハワイで15名の参加者でスタート)

日本最初のトライアスロン大会開催(鳥取県の皆生温泉)

米国USTSトライアスロンシリーズ開催(ショートディスタンス)

第1回宮古島・第1回琵琶湖トライアスロン開催

店長川口トライアスロン初チャレンジ
(九十九里浜グローバルハーフトライアスロン完走)

トライアスロンクラブ結成トライアスロンクラブ結成

第1回ITU世界選手権大会(フランス・アビニオン)開催

トライアスロン専門店の草分け「アスリートカンパニー」誕生(大阪市内で開業)トライアスロン専門店の草分け「アスリートカンパニー」誕生(大阪市内で開業)

店長川口、ロングディスタンス初完走店長川口、ロングディスタンス
初完走(宮古島トライアスロン大会)

オリジナルオーダートライアスロンバイク販売開始・オリジナルオーダートライアスロンバイク
販売開始
・トライアスリートのための
スイムスクール開講(現在も継続開講)

オリジナルオーダーウエットスーツ開発オリジナルオーダーウエットスーツ開発
(~累計5000着以上製作)

日本トライアスロン連合(JTU)発足

大阪府トライアスロン協会主催大会に
協賛協力(~2010年まで)

ホームページ開設

シドニーオリンピックでトライアスロンが正式種目に

トライアスロンバイブル「なぜあの人はあんなにバイクが速いのか」発刊(12刷13000部発行、無料配布継続中)

アテネオリンピック・トライアスロン競技実施

キッズトライアスロンチームAngels主催・キッズトライアスロンチームAngels主催
(~2009年までの5年間)
・ホームページでの通信販売開始

・トライアスロン情報メルマガ「カゲトレ」
発行開始(~現在8051部不定期発行)
・舞洲デュアスロン大会主催(参加者350名)

トライアスロン専門誌で「なぜあの人はあんなにバイクが速いのか」についての記事掲載(年間掲載)

北京オリンピック・トライアスロン競技実施

新潟国体で公開競技となる

ロンドンオリンピック・トライアスロン競技実施

新店舗移転

アイアンマンジャパンin洞爺湖開催

RETULバイクフィッティングサービス開始RETULバイクフィッティングサービス開始

1974

トライアスロン誕生(カリフォルニア州サンディエゴで誕生)

1978

第1回アイアンマントライアスロン大会開催
(ハワイで15名の参加者でスタート)

1981

日本最初のトライアスロン大会開催(鳥取県の皆生温泉)

1982

米国USTSトライアスロンシリーズ開催(ショートディスタンス)

1985

第1回宮古島・第1回琵琶湖トライアスロン開催

1989

第1回ITU世界選手権大会(フランス・アビニオン)開催

1994

日本トライアスロン連合(JTU)発足

2000

シドニーオリンピックでトライアスロンが正式種目に

2004

アテネオリンピック・トライアスロン競技実施

2008

北京オリンピック・トライアスロン競技実施

2009

新潟国体で公開競技となる

2012

ロンドンオリンピック・トライアスロン競技実施

2013

アイアンマンジャパンin洞爺湖開催

1987

店長川口トライアスロン初チャレンジ
(九十九里浜グローバルハーフトライアスロン完走)

トライアスロンクラブ結成

1988

トライアスロンクラブ結成

トライアスロン専門店の草分け「アスリートカンパニー」誕生(大阪市内で開業)

1989

トライアスロン専門店の草分け「アスリートカンパニー」誕生(大阪市内で開業)

店長川口、ロングディスタンス初完走

1990

店長川口、ロングディスタンス
初完走(宮古島トライアスロン大会)

オリジナルオーダートライアスロンバイク販売開始

1991

・オリジナルオーダートライアスロンバイク
販売開始
・トライアスリートのための
スイムスクール開講(現在も継続開講)

オリジナルオーダーウエットスーツ開発

1993

オリジナルオーダーウエットスーツ開発
(~累計5000着以上製作)

1994

大阪府トライアスロン協会主催大会に
協賛協力(~2010年まで)

1997

ホームページ開設

2002

トライアスロンバイブル「なぜあの人はあんなにバイクが速いのか」発刊(12刷13000部発行、無料配布継続中)

キッズトライアスロンチームAngels主催

2004

・キッズトライアスロンチームAngels主催
(~2009年までの5年間)
・ホームページでの通信販売開始

2005

・トライアスロン情報メルマガ「カゲトレ」
発行開始(~現在8051部不定期発行)
・舞洲デュアスロン大会主催(参加者350名)

2007

トライアスロン専門誌で「なぜあの人はあんなにバイクが速いのか」についての記事掲載(年間掲載)

2012

新店舗移転

RETULバイクフィッティングサービス開始

2013

RETULバイクフィッティングサービス開始

トライアスロンと
アスリートカンパニーの歴史はまだまだ続きます

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る