TREK EMONDA SL5 Matte Dnister Black 2018年モデル 店頭入荷中<トレック エモンダ SL5>¥213,000(税別)

あなたに合った最高の1台を提供します!現役トライアスリートと相談しながら決められます。

購入方法(店頭販売のみ) 上記お問い合わせボタンより、お気軽にご相談下さい。
モデル TREK EMONDA S5
サイズ 44/47/50/52/54/56/58/60cm
フレームフィット H2
フレーム素材 UltraLight 500 Series OCLV Carbon
フォーク Emonda Carbon,E2
ホイール Bontrager Tubeless Ready
主要パーツ SHIMANO 105
カラー Matte Dnister Black
完成車参考価格 ¥213,000(本体) + 税
軽さ
空力性
振動性

おすすめポイント

TREK EMONDA Sシリーズの後継モデルとして2018年から新たにラインナップされるのがEMONDA SLシリーズです。
使用されるカーボンは、従来のOCLV300シリーズカーボンから2グレード上のOCLV500シリーズのカーボンを使用しています。バイクが前モデルと比べてより軽く仕上がり性能を大幅に高めています。ブレーキは、ダイレクトマウントブレーキに変更されより制動力が向上。 よりコストパフォーマンスが優れたレースバイクへと進化しました。 前最上位モデルのEMONDA SLRと同じ設計を取り入れて設計されていますので、EMONDAシリーズの特徴である、加速性、登坂性、抗筋疲労性に優れています。 身体に優しいバイクになっていますので、トライアスロンバイクパートでは、エネルギーの節約がしやすくバイクパートを快適にこなすことができます。また、筋肉ダメージが抑え易くなっていますので、ランパートでのベストパフォーマンスも期待できます。
トレック社EMONDAシリーズは、トッププロから一般ユーザーまで幅広い層から高い評価を得ています。
主にショートディスタンス〜ハーフディスタンス向き。
これからトライアスロンを始める方や、トライアスロンでしっかりとパフォーマンスを発揮できるロードバイクを求める方におすすめの一台です。
主要パーツ:シマノ105

TREK EMONDA SL5 Matte Dnister Black  9月入荷予定 ※イメージ画像

tr18_emondas5_image1

フレーム

重量の軽さとヒルクライム性能に優れた前最上位モデルのEMONDA SLRシリーズと同じ設計をとり入れています。
フレームの重量を少しでも軽くするために、フレームの強度が必要な部分には剛性を確保し、不必要な部分は徹底的に削ぎ落とすことで、バイクの走行性能を高めながらも余分な材料を減らし軽量化に成功しています。ヘッドチューブには、E2ヘッドチューブ、フォークには、E2フォークを採用。フロント周辺の強度を向上させ、ハンドリング性能を高めています。フレームのトップチューブは、扇平形状で太く、ダウンチューブは、丸みをおびた楕円形状に太く設計されています。リア部分のシートチューブ、チェーンステーは、細身の形状に設計されています。
EMONDAは、フレーム全体で不必要なものを削ぎ落とし本当に必要なものだけを残すことで、軽さに優れ、バイクの性能バランスを高いレベルで維持した軽量レースバイクです。

内蔵化されたケーブル

今までフレームの外に飛び出ていたワイヤー類をフレームに内蔵化するこで、バイクの見た目がスッキリし空気抵抗の削減にもつながります。
無理のないワイヤールーティングと整備のしやすさ等も考慮して設計されていますので、メンテナンスがしやすくなっています。

tr18_emondasl5b_image5

E2カーボンフォーク

EMONDA S5には、カーボンフォークがセットされています。カーボンフォーク採用にすることで、フォークの重量が軽くなり、路面からの振動も吸収しやすくなります。重さや振動による疲労を低らし、長時間乗車した際でも疲れにくくなります。
tr18_emondas5b_image2

E2ヘッドチューブ

ヘッドチューブには、TREKの独自技術のE2ヘッドチューブを採用しています。
ヘッドセット下側ベアリングの直径インチとヘッドセッド上側ベアリング直径インチを変え、大口径化することで、フロントエンドの剛性を大幅させています。ハンドリング性能が向上し、スムーズなハンドリングを実現します。

tr18_emondasl5b_image4

ダイレクトマウントブレーキ搭載

新しいemonda sl5は、従来のスタンダードブレーキタイプからダイレクトマウントブレーキに変わりました。
ダイレクトマウントブレーキは、フレームに直接取り付けることでブレーキの剛性が上がり制動力が向上します。

tr18_emondas5b_image3

ライドチューンドシートマスト

従来のフレームにシートポストを差し込むのではなく、シートをフレームにかぶせる構造を採用しています。
この構造を採用することで、フレームの縦方向への柔軟性が向上し路面からの衝撃を吸収しやすくなるため、バイクの乗り心地がよくなります。余分な材料も減らすことができ軽量化することができます。
シート部分は、調整域が広く簡単にサドル前後位置を調整することができます。
oclv500

OCLV500カーボン

OCLVカーボンは、TREKが特許技術を取得したOCLV製法によって製造されるカーボンです。TREK社のカーボンエンジニア、航空宇宙産業エキスパートらが製造プロセス担い、カーボンシートを重ね合わせてフレームを製造する際に、空隙(空気の混入や隙間)を最低限に除去することで、超高密度圧縮、低空隙の高品質カーボンとして生み出されました。ベストの素材を使用することで高品質のバイクを制作し、TREKバイクでは、全てのバイクでの生涯保証を提供しています。
EMONDA SL5には、軽さと強度、そして剛性を素晴らしいバランスで実現した高品質カーボン、OCLV500カーボンが使用されています。高品質なカーボンを使用することでバイクの重量が軽量に仕上げることができ、重さによる疲労を低減します。また同時に強度や、剛性も高めることで加速性能の向上やパワーを効率良く伝達することができます。
バイク全体の性能が向上しより少ない力で速く走ることができ、長時間乗車した際でも疲れにくく、後半に向けてエネルギーを残し易くなります。

メインコンポーネント

メインコンポーネントには、シマノ105(前2段、後ろ11段)を採用しています。105パーツは、普段のトレーニングから、バイクに負荷のかかるハードなトレーニングやレースまで対応できるコンポーネントです。変則性能とブレーキ性能に優れていますので、ハードなライディングでも満足してご使用頂けます。

tr17h2f-1

適切なフレームサイズ

バイクで高いパフォーマンスを引き出すには、身体にあったサイズのバイクを選ぶことが非常に大切です。身長や股下のサイズによって適切なバイクのサイズは変わります。TREKでは、豊富なサイズがラインナップされていますので、身体に合ったフレームサイズ、フレームフィットが選択頂けます。身体に合ったバイクを選択頂くことで、ライダーに合わせて適切なポジションをセッティングすることが可能になりますので、バイクパフォーマンスの向上につながります。また、適切なポジションをとることにより身体の負担を減らすことができますので、バイク後半のパフォーマンスの向上や、ランに向けて体力の温存がしやすくなります。
詳しくは、専門店にご相談下さい。

ジオメトリー

EMONDA S5のジオメトリーは、TREKのH2フィットが採用されています。H2フイットは、レース用の前傾のついたポジションから上半身の負担を抑えたポジションまで調整ができるようにヘッドチューブが少し長く設計されています。ポジションの調整範囲が広いので一人一人のライダー、アスリートの目的やレベル会わせ適切なポジションをセッティングすることができます。
homepage_bike_image1

専門店にご相談下さい

まずは、気軽にご相談ください。
これからどの様にトライアスロンライフ、自転車ライフを楽しみたいのか?好みのタイプやデザイン、こだわりたいパーツなどがあればお伝えください。トライアスロンに最適なバイクとロードレースに最適なバイクは異なります。トライアスロンでもショートディスタンスを中心に楽しむのか、ロングディスタンスを目指すのか、によっても最適なバイクのタイプは変わってきます。バイクは一度購入すれば長く使うものです。トライアスロン経験豊富なスタッフがじっくりとご相談させて頂きます。

owner_tokuten

1.適正サイズ保証

無理なく自然な姿勢でライディングする為には、適正サイズのバイクであることは必須条件です。
お客様の身長・体重・股下サイズ・腕の長さ等を計測し、最適サイズのバイクをご提案しています。

2.ライディング講習

操作方法をしっかり身に付けていないと、安全走行が出来ません。
ハンドル操作、ブレーキ操作、変速操作、ペダル着脱法、コーナリング方法等のライディング講習(30分間)サービスを行っています。

3.メカニック講習サービス

レース中やトレーニング中のメカトラブルにも、慌てず冷静に対処出来る様に
最低限身に付けておきたい、パンク対処法、変速調整法、ブレーキ調整法、チェーン外れ対処法など、必須メカニック講習サービス(30分間)を実施しています。

4.メンテナンスサービス

トラブルを未然に防ぎ、スポーツバイクのベストコンディションを保持するためには定期点検と調整が不可欠です。メンテナンスを怠るとバイク寿命にも関わってきます。
プロメカニックによる定期的メンテナンスの無料サービスを実施しています。
(1ヶ月メンテナンス、6ヶ月目メンテナンス、1年目メンテナンス、大会直前メンテナンス)

5.フイッテングサービス

綺麗なフォームで、効率の良いペダリングをするためには、正しいフォームでライディングする必要があります。間違ったフォームは、パフォーマンスを低下させるだけでなく、故障の原因にもなります。
正しいフォームで、トレーニングが始めれる様に、基本的なバイクフィッティングサービスを実施しています。

6.トレーニングアドバイスサービス

スイム、バイク、ラン、三種目をバランス良くトレーニングする方法、大会へ向けてのパフォーマンスアップの為のトレーニングアドバイスを行っています。

7.プレゼント

バイクご予約のオーナー様には、スペアチューブ・タイヤレバー・ウォーターボトル等の必需品と、トライショーツをプレゼント! 安心してトレーニングが始められます。

フレームサイズ・カラー

トレックトライアスロン&ロードバイクの各モデルデータです。モデルごとにどんなサイズ、カラーがあるのか等の参考にご覧下さい。

専門店にご相談下さい

※ご注意下さい

  • 在庫状況は日々変化しております。モデルやサイズによっては、在庫がない場合がありますので、購入をご検討の際は電話メール等でお尋ねください。
  • フレームジオメトリーの数値データから、そのバイクが、どの様な性能や乗り心地の自転車なのかを判断するのは、非常に難しいものですので、あくまで参考までにご覧下さい。ジオメトリー上は同じサイズであっても、素材や製法等が異なると、性能、乗り心地等も全く異なります。
  • 気に入ったバイクが自分にあっているのかどうか?などの疑問があればお尋ね下さい。

フレームFITについて

  • エモンダには、ライダーのレベルの応じてH1,H2,H3の3種類のバイクFITが用意されています。体型、柔軟性、経験にかかわらず、すべての人に最適な乗り心地、無駄のないパワー伝達性、安定性を確保するために選択できるように設定されています。
  • <H1>3つの中で最も低いハンドルポジションが可能。H1は骨盤の傾きが大きくハンドル位置を低くしエアロダイナミクス効果を望むライダー向け。エモンダの中で最もハンドル位置を低く設定することが可能です。
  • <H2>H1と同じ走行性能を持つが、H1と比べとヘッドチューブが3cm長めに設定されています。これによりライダーの前傾姿勢を和らげ、背中や首回りの負担を減らすことが可能。スペーサーを使用することなくプロバイクのようなスタイルに仕上げることが可能です。
  • <H3>H2と比べヘッドチューブが長めに設定されていることで、さらに高いハンドルポジションが可能。エアロダイナミクスよりも無理のないリラックスしたポジションで乗車できます。
  • <Endurance>Domaneに採用のEnduranceジオメトリーは、エモンダ、マドンのH1,H2フィットに比べ、ホイールベースを長く、BBハイトをより低くすることにより、直進安定性、高速走行性能を高めています。

フレームサイズ・カラー

モデル名 フレームサイズ(cm) カラー FIT フレーム価格(税抜) 完成車価格(税抜)
TREK EMONDA SLR10 50/52/54/56/

58/60/62

Carbon Vaper Coat/Viper Red H1 ----- ¥1,546,296
TREK EMONDA SLR8 50/52/54/56

58/60/62

Mat Viper Red H1,H2 ----- ¥888,889
TREK EMONDA SLR6 50/52/54/56

58/60/62

Red Smoke H1,H2 ----- ¥703,704
TREK EMONDA SL8 44/47/50/52/54

56/58/60/62

Crystal White

Trek Black(Frame)

H2 ¥184,259 ¥490,741
TREK EMONDA SL6 44/47/50/52/54

56/58/60/62/64

Mat Trek Black/Gloss Black

Goldenage

H2 --- ¥351,852
TREK EMONDA SL5 44/47/50/52/54

56/58/60/62/64

Trek White/Black/Viper Red

Volt Green

H2 --- ¥287,037
TREK EMONDA S6 44/47/50/52/54

56/58/60/62

Trek Black/Viper Red H2 --- ¥276,852
TREK EMONDA S5 44/47/50/52/54

56/58/60

Crystal White/Trek Black

Mat Trek Black

H2 --- ¥222,222
TREK EMONDA S4 44/47/50/52/54

56/58/60

Crystal White H2 --- ¥184,259
TREK EMONDA ALR6 47/50/52/54

56/58/60

Matt Dnister Black H2 --- ¥239,815
TREK EMONDA ALR5 47/50/52/54

56/58/60

Viper Red

Waterloo Blue

Black Pearl

H2 --- ¥184,259
TREK EMONDA ALR4 47/50/52/54

56/58/60

Black Pearl

Viper Red

H2 --- ¥147,222
TREK MADONE RSL 50/52/54/56

58/60/62

Viper Red H1 ¥666,667 ¥1,527,778
TREK MADONE 9.9 50/52/54/56

58/60/62

Matt Dnister Black/Viper Red H1 --- ¥1,343,593
TREK MADONE 9.5 50/52/54/56

58/60/62

Matt Dnister Black/Trek White H1 ¥509,259 ¥759,259
TREK MADONE 9.2 50/52/54/56

58/60/62

Matt Dnister Black/Matt Green H1 --- ¥601,852
TREK 1.2 47/50/52/54/56/58 Trek Black/Fastblack Orangr

Volt Green

H2 --- ¥119,444
TREK 1.1 47/50/52/54/56/58 Matt Trek Black

Riquid Red

H2 --- ¥91,667

EMONDA H1 Fit フレームジオメトリー

H1 Fit 2012trek_fit_img
フレームサイズ 50cm 52cm 54cm 56cm 58cm 60cm 62cm
A シートチューブ 45.3 48.2 49.6 52.5 55.3 57.3 59.3
B シートチューブ角 74.6° 74.2° 73.7° 73.3° 73.0° 72.8° 72.5°
C ヘッドチューブ長 10.0 11.0 12.0 14.0 16.0 18.0 20.0
D ヘッド角 72.1° 72.8° 73.0° 73.5° 73.8° 73.9° 73.9°
E トップチューブ長 52.2 53.5 54.4 56.0 57.3 58.6 59.8
G BBドロップ 7.2 7.2 7.0 7.0 6.8 6.8 6.8
H チェーンステイ長 41.0 41.0 41.0 41.0 41.1 41.1 41.2
I オフセット 4.5 4.5 4.5 4.0 4.0 4.0 4.0
J トレイル 6.1 5.7 5.6 5.8 5.6 5.6 5.5
K ホイールベース 97.4 97.7 98.1 98.3 99.2 100.1 101.0
L スタンドオーバー 69.6 72.0 73.3 75.8 78.3 80.1 82.0
M フレームリーチ 38.3 38.8 39.0 39.5 40.0 40.4 40.7
N フレームスタック 50.6 51.8 52.6 54.9 56.7 58.6 60.6
最大シートハイト 72.5 75.5 78.0 81.0 83.0 85.0 87.0
最低シートハイト 62.5 65.5 68.0 71.0 73.0 75.0 77.0
  roadgeometry

EMONDA H2 Fit フレームジオメトリー

H2 Fit 2012trek_fit_img
フレームサイズ 44cm 47cm 50cm 52cm 54cm 56cm 58cm 60cm 62cm 64cm
A シートチューブ 40.8 44.4 47.6 49.3 50.6 53.3 55.3 57.3 59.3 61.3
B シートチューブ角 74.6 74.6° 74.6° 74.2° 73.7° 73.3° 73.0° 72.8° 72.5° 72.3°
C ヘッドチューブ長 10.0 11.5 13.0 14.0 15.5 17.0 19.0 21.0 23.0 25.0
D ヘッド角 70.4 71.2° 72.1° 72.8° 73.0° 73.5° 73.8° 73.9° 73.9° 74.0°
E トップチューブ長 49.9 51.3 52.1 53.4 54.3 56.0 57.3 58.6 59.8 61.0
G BBドロップ 7.2 7.2 7.2 7.2 7.0 7.0 6.8 6.8 6.8 6.8
H チェーンステイ長 41.0 41.0 41.0 41.0 41.0 41.0 41.1 41.1 41.2 41.3
I オフセット 5.0 4.5 4.5 4.5 4.5 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0
J トレイル 6.8 6.7 6.1 5.7 5.6 5.8 5.6 5.6 5.5 5.5
K ホイールベース 97.1 97.4 97.4 97.7 98.1 98.3 99.2 100.1 101.0 101.8
L スタンドオーバー 68.2 69.8 70.7 72.9 74.2 76.7 78.6 80.4 82.2 84.1
M フレームリーチ 36.2 36.9 37.4 37.9 38.1 38.7 39.1 39.5 39.8 40.1
N フレームスタック 49.9 52.2 53.5 54.7 55.5 57.7 59.6 61.5 63.4 65.4
最大シートハイト 65.5 69.5 72.5 75.5 78.0 81.0 83.0 85.0 87.0 90.0
最低シートハイト 55.5 59.5 62.5 65.5 68.0 71.0 73.0 75.0 77.0 80.0
  roadgeometry

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る