TREK SPEED CONCEPT 7.5 <トレック スピードコンセプト 7.5>¥444,444(税別)

モデル・サイズ等に迷ったら専門スタッフにご相談ください。

購入方法(店頭販売のみ) 上記お問い合わせボタンより、お気軽にご相談下さい。
モデル TREK SPEED CONCEPT 7.5
サイズ S/M/L/XL
フレーム素材 500 Series OCLV Carbon
フォーク SC KVF carbon, integrated brake & stem, UCI legal
ホイール Bontrager Race Tubeless Ready
主要パーツ SRAM Force
カラー Shandy Grey
販売価格 定価¥444,444(本体) 
ショートディスタンス向き
ミドルディスタンス向き
ロングディスタンス向き
軽さ
空力性
振動性

おすすめポイント

過去にアイアンマン・ワールドチャンピオンシップ・ハワイを制したことで一躍注目を浴びたTREK最高峰のトライアスロンバイク。 SPEED CONCEPTシリーズは、風洞実験でも、実験施設60年の歴史の中で過去最も優れた低い空気抵抗値をたたき出しています。 プロライダーと一般ライダーによる実戦テストライドでも長時間走行や高速走行でも乗り易いと高い評価を得ています。
一般的なロードバイクと比較するとエアロポジションでの走行が非常に楽で、一旦高速域までスピードをあげると後は軽いペダリングで 高速維持が出来ます。バイク後の筋肉疲労も少なくなるため、ランニングでの好結果にも繋がります。 トレックが本気でトライアスリートのために作った自転車です。
メインコンポーネントに軽量パーツのSRAM Force、パーツ類に軽量カーボンハンドルなどが使用されていますので、バイクの重量が通常のTT BIKEに比べて軽量に仕上げられています。
トライアスロンの全てのデイスタンスで、高いパフォーマンスを発揮します。トライアスロンバイクパートでタイムアップを望んでいる方や初めてのトライアスロンバイクを求めている方におすすめのバイクです。

世界最速バイクは風を味方につける

TREK SPEED CONCEPT7.5  Shndy Grey

tr17sc75image_1

スピードジオメトリー

トライアスロンバイク、TTバイクに乗車する際は、ほとんどの時間をエアロバーを持ったポジションで乗車することになりますが、その際にバイクは前加重になりバイクに大きな負荷がかかります。バイクが不安定になりコントロールが難しくなります。SPEED CONCEPTのスピードジオメトリーは、初めから前加重になることを想定し設計されていますので、エアロバーを持った際でも安定しコントロールが容易にしやすくなっています。テクニカルなコースでも安全に走行して頂けます。

理想のフィッティング

豊富なサイズ展開がラインナップされていますので、ライダーの身体にあった適切なポジションセッティングがしやすくなっています。また、セットされていれるハンドルパーツは、容易に調整がしやすくエアロバー、パッド位置の調整域が広くなっていますので上半身のポジションがセッティングしやすくなっています。
適切なポジションで乗車することで、ライダーのパフォーマンスを最大限に発揮し、身体の負担を低減することができます。バイクパートのタイムアップを実現し、ランに向けて体力を温存しやすくなっています。

tr17sc75image_6

UCI KVFフォーク

UCI KVFフォークは、バイクレギレーションルールの中で、優れたエアロ性能を発揮するフォークとして開発されました。フォーク重量が軽量に仕上げ、空気抵抗を最小限に抑えることで、優れたエアロダイナミクスを発揮し、バイク重量の軽量化を実現しています。

tr17sc75image_5

KVFチューブ形状

SPEED CONCEPT9シリーズで培ったKVFチューブテクノロジーが搭載されています。KVF(カムテールバーチャルフォイル)チューブは、チューブを最もエアロダイナミクスに優れた翼形状に加工することで、前面面積を少なくし、空気抵抗を最小限に抑制します。
最も優れたエアロダイナミクス性能を発揮し、より少ない力でより速く走行することができます。巡航速度が維持しやすくトライアスロンバイクパートやロードレースタイムトライアルなどでのタイムアップを実現します。

KVF仮想エアフォイル

よりKVFチューブの効果をたかめるために、KVFチューブの後端を切り取った翼型形状を採用することで横風抵抗を最小現に抑えています。横風が吹くシチュエーションでも優れたエアロダイナミクスを発揮し、安定したバイクパフォーマンスを実現します。

tr17sc75image_3

完全ケーブル内蔵システム&UCIレギレーションハンドル

SPEED CONCEPTのために開発された専用ハンドルが搭載されています。この専用ハンドルは、バイクレギレーションルールの中で優れたエアロ性能を発揮するハンドルとして開発されました。空気抵抗を削減するデザインを採用し、ブレーキワイヤー、シフトワイヤーを 全てフレームとハンドルに内蔵化されています。見た目を美しく仕上げるだけでなく、ワイヤーをフレームの外に出すと一つ一つのワイヤーが抵抗の原因となりますが、ハンドルとフレームの内部に通すことで、空気抵抗を徹底的に削減しています。また、カーボン素材を使用し、ハンドル幅が細くシェイプされた形状に加工されていますので、バイク重量の軽量化に貢献しています。

tr17sc75image_4

OCLV500カーボン

OCLVカーボンは、TREKが特許技術を取得したOCLV製法によって製造されるカーボンです。TREK社のカーボンエンジニア、航空宇宙産業エキスパートらが製造プロセス担い、カーボンシートを重ね合わせてフレームを製造する際に、空隙(空気の混入や隙間)を最低限に除去することで、超高密度圧縮、低空隙の高品質カーボンとして生み出されました。ベストの素材を使用することで高品質のバイクを制作し、TREKバイクでは、全てのバイクでの生涯保証を提供しています。
SPEED CONCEPT7.5には、軽さと強度、そして剛性を素晴らしいバランスで実現した高品質カーボン、OCLV500カーボンが使用されています。高品質カーボンを使用することでバイクの重量が軽く仕上がり、加速性能を高め重さによる疲労を低減します。また、ライダーのパワーを効率良く伝達し、バイクの全体の性能を引き上げています。
カーボン素材は、振動吸収性に優れていますので、アルミバイクに比べて快適性能が高くなっています。快適なライディングを実現します。

BB90

BBには、TREKの独自技術のBB90を採用しています。
BB幅を限界まで広げることにより、パワーの伝達効率を大幅に向上させています。ライダーのパワーをロスなく伝達し、さらにバイクを速く走らせます。

tr17sc75image_2

メインコンポーネント

メインコンポーネントには、SRAM Force(前2段、後ろ11段)を採用しています。SRAMパーツは、スムーズな変則性能を持つ軽量パーツとして人気が高く、バイクの重量を大幅に軽量化します。SRAM Forceは、普段のトレーニングからハードなレースまで満足してご使用頂けます。

専門店にご相談下さい

img-store
まずは、気軽にご相談ください。
これからどの様にトライアスロンライフ、自転車ライフを楽しみたいのか?好みのタイプやデザイン、こだわりたいパーツなどがあればお伝えください。トライアスロンに最適なバイクとロードレースに最適なバイクは異なります。トライアスロンでもショートディスタンスを中心に楽しむのか、ロングディスタンスを目指すのか、によっても最適なバイクのタイプは変わってきます。バイクは一度購入すれば長く使うものです。トライアスロン経験豊富なスタッフがじっくりとご相談させて頂きます。

owner_tokuten

1.適正サイズ保証

無理なく自然な姿勢でライディングする為には、適正サイズのバイクであることは必須条件です。
お客様の身長・体重・股下サイズ・腕の長さ等を計測し、最適サイズのバイクをご提案しています。

2.ライディング講習サービス

操作方法をしっかり身に付けていないと、安全走行が出来ません。
ハンドル操作、ブレーキ操作、変速操作、ペダル着脱法、コーナリング方法等のライディング講習(30分間)サービスを行っています。

3.メカニック講習サービス

レース中やトレーニング中のメカトラブルにも、慌てず冷静に対処出来る様に
最低限身に付けておきたい、パンク対処法、変速調整法、ブレーキ調整法、チェーン外れ対処法など、必須メカニック講習サービス(30分間)を実施しています。

4.メンテナンス特典

トラブルを未然に防ぎ、スポーツバイクのベストコンディションを保持するためには定期点検と調整が不可欠です。メンテナンスを怠るとバイク寿命にも関わってきます。
プロメカニックによる定期的メンテナンスの無料サービスを実施しています。
(1ヶ月メンテナンス、6ヶ月目メンテナンス、1年目メンテナンス、大会直前メンテナンス)

5.フィッティングサービス

綺麗なフォームで、効率の良いペダリングをするためには、正しいフォームでライディングする必要があります。間違ったフォームは、パフォーマンスを低下させるだけでなく、故障の原因にもなります。
正しいフォームで、トレーニングが始めれる様に、基本的なバイクフィッティングサービスを実施しています。

6.トレーニングアドバイス

スイム、バイク、ラン、三種目をバランス良くトレーニングする方法、大会へ向けてのパフォーマンスアップの為のトレーニングアドバイスを行っています。

7.プレゼント

バイクご予約のオーナー様には、スペアチューブ・タイヤレバー・ウォーターボトル等の必需品と、トライショーツをプレゼント! 安心してトレーニングが始められます。

※ アクセスはこちら→

※ご注意下さい

  • 在庫状況は日々変化しております。モデルやサイズによっては、在庫がない場合がありますので、購入をご検討の際は電話メール等でお尋ねください。
  • フレームジオメトリーの数値データから、そのバイクが、どの様な性能や乗り心地の自転車なのかを判断するのは、非常に難しいものですので、あくまで参考までにご覧下さい。ジオメトリー上は同じサイズであっても、素材や製法等が異なると、性能、乗り心地等も全く異なります。
  • 気に入ったバイクが自分にあっているのかどうか?などの疑問があればお尋ね下さい。

2015年 SPEED CONCEPT & PROJECT ONE ラインアップ

モデル名 フレームサイズcm カラー フレーム価格(税抜) 完成車価格(税抜)
SPEED CONCEPT 9series S/M/L/XL Project1 ColorOrder ¥597,222~ ¥1,283,611(参考)
SPEED CONCEPT 7series S/M/L/XL Project1 ColorOrder ---- ¥573,200(参考)
SPEED CONCEPT7.5 S/M/L Starry Night Black/Viper Red ---- ¥481,481
SPEED CONCEPT7.0 S/M/L Trek White/Trek Black ---- ¥369,444

SPEED CONCEPT フレームジオメトリー

フレームサイズ XS S M L XL
A シートチューブ 47.8 50.3 52.9 55.3 57.8
B シートチューブ角 78.0° 78.0° 78.0° 78.0° 78.0°
C ヘッドチューブ長 9.0 6.5 9.0 11.5 14.0
D ヘッド角 72.0° 72.2° 72.5° 72.5° 72.5°
E トップチューブ長 46.9 49.5 51.8 54.1 56.5
G BBドロップ 5.5 8.0 8.0 8.0 8.0
H チェーンステイ長 37.4 40.0 40.0 40.0 40.0
I オフセット 4.0 4.5 4.5 4.5 4.5
J トレイル 6.0 6.1 6.0 6.0 6.0
K ホイールベース 91.6 96.1 98.5 101 103.7
L スタンドオーバー 72.6 75.0 77.5 79.9 82.3
M フレームリーチ 37.0 39.0 40.8 42.6 44.5
N フレームスタック 46.8 49.2 51.7 54.1 56.5
最大シートハイト 76.6 79.1 81.7 84.1 86.6
最低シートハイト 56.4 58.9 61.5 63.9 66.4
  roadgeometry

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る