月刊『カゲトレ』2004年11月号

月刊『カゲトレ』2004年11月号バックナンバー

==============================================2004/11/02===
A t h l e t e C o m p a n y
====================トライアスロン情報マガジン 「月刊カゲトレ」========

—<< 今回のもくじ >>———————————————
1.ライバルには教えたくない私の「カゲトレ法」
2.一問一答「今日のお客さん」
3.スポーツに効く一曲
4.お得情報
5.店長ひとりごと
————————————————————-

■みなさん こんにちは。アスリートカンパニー店長川口です。 今月よりトライアスロン情報満載のメールマガジンを発行することになりました。 一トライアスリートとしての体験とこれまで出会ってきた多くのトライアスリートの方々から教えてもらった役立つ体験をお届けしていきたいと思っています。 どうぞご購読ください。 ようやく暖かい日もでてきて、そろそろトライアスロンモードになってきた気がします ここ数日でバイクの点検に来店される方が急激に増えました。まだまだ寒い地域の方も多いとおもいますが、大阪では、早くもシーズンインといった感じです。


————————————————————
■【1.ライバルには教えたくない私の「カゲトレ法」】
————————————————————
今回ご紹介するのは、トライアスロン歴たった4年で宮古島、皆生、佐渡大会を完走してしまった女性トライアスリートT.Yさんの「カゲトレ」法です。

「すごいねえー」 「よく焼けてるねえー」 「夜あったら歯しか見えないだろうねえ」

大会会場へ行くと見ず知らずの人から、そう言って必ず声をかけられます。
平均的に日焼けしているトライアスリートを驚かせるくらい 彼女はいつも小麦色(本当はココア色)です。

そんなに練習してませんよ、人より日焼けしやすい体質なんですう。と彼女は謙遜するが、とにかく練習好きでタフなんです。

もともとは、ランナーなので走ること自体は日課で、2時間くらい走るのはお散歩と同じくらい気軽にこなしてしまう。普通は3種目の練習バランスをとるのに苦労するのだけど、彼女にとってはランはお散歩なのでバイクとスイムの練習の2種目を考えればいいという感覚だ。

彼女が短期間に強くなったのには、大きな理由がある。
それは、決断と行動がものすごく早いことです。 なんだか成功法則のようになってきたましたが、ホントです。

走りこむのがいいとわかるととことん走りこみます。 フォーム矯正が必要だとわかるとすぐに取り組みますバイクのレベルアップにローラー台は必須とわかるとすぐに始めます。ためになるスクールがあると可能な限り参加します。 26インチバイクが自分にはいいと思うとすぐに乗り換える。

そして、いいところは吸収し、自分に合わないと思うことはすぐやめます。すごいでしょ、 決断と行動が。

それと実はもう一つ秘密があります。 それは、彼女の練習環境です。
ランニングパートナーは、ランのスペシャリストと
バイクは、バイクが得意なメンバーと
スイムは、スイム好きが多いスイムスクールでしています。

普通は、一人で練習するか スイムもバイクもランもだいたい同じメンバーが多いでしょ。
でも彼女は違うんですよ。 そこがすごいところで、頭がいいでしょ。

それぞれの種目の、レベルの高い人と一緒に練習するんですね
自分で自然にそういう環境を作っているんですよ。 すごく参考になるでしょ。

彼女自身に、よく頑張るねえと言っても 「ただ好きなもの同士で好きなことやっているだけなんですー。」とにっこり笑うだけです。
決断と行動はすばやく。 いい練習環境は自分でつくる。 皆さんも参考にしてみてください。(終)

佐渡大会ではついに、女子総合2位に入賞! おめでとうございます。やんちゃ盛りの男の子三児の良きママで、 良き妻でありながらホントすごいですね。 これからも、頑張ってください。(川口)



———————————————————-
■【2.一問一答「今日のお客さん」】山口県 S.Kさんからのご質問
———————————————————-

<質問>
「カゲトレ」いつも楽しく読ませていただいています 山口県の片田舎なもので貴重な情報をありがとうございました。いままでジョギングや山登りを趣味にしていたのですが、最近バイクの楽しさを知りました。今度デユアスロン大会に出ようと思いますが、いまバイクは20Km程度走ると腰が痛くなります。(ブリジストンのアンカーという車種)調整が悪いのか知れませんが、田舎のことでなかなかいいバイク屋さんがありません。アドバイスがあれば教えていただけないでしょうか。

<答え>
「カゲトレ」がお役にたててうれしいです。 ご質問の件ですが、ポジションを拝見していませんので なんともいえませんが。 一般論として まだそれほど距離を乗っておられなくて 腰が痛くなるというのであれば、それはランニングすれば足が張ったりするというのと同じです。 バイクに乗るということは足の筋肉だけでなく腰の筋肉も使っていますので乗りなれて、筋肉が出来るまで腰が痛くなるというのは、特別なことではありません。 1.まずは、平均的なポジションにあわす。2.量稽古をする。 3.ポジションを微調整をする。 これを繰り返してみてください。トップ選手でさえ、ポジションは固定的でなく 常に変化させています。ポジションは探すものではなく 「作るもの」という意識をもって頂いた方が早くいいポジションができるとおもいます。 自分のポジションを知りたい方は・・・こちら


———————————————————-
■【3.スポーツに効く一曲】
———————————————————–
今回はアテネオリンピックのメダリストたちが試合前にリラックスしながら集中するために聞いていた曲をご紹介します。

女子レスリングの浜口裕子選手のとっておきの一曲は
平原あやかの「ジュピター」だそうです。
あの絞りだすような魂の歌声を聴くと勇気が出るのだそうです。
アニマル浜口も平原あやか聞いてるんでしょうか?


————————————————————
■【4.お得情報とキャンペーンのお知らせ】
————————————————————-
スイムスクールの施設&運営形態が変りました。 今年で11年目になるスイムスクールが、さらにパワーアップして参加者を若干名募集しています。 (定員になり次第募集は打ち切らせていただきます。ご了承くださいませ)

秋冬物ウエアが第一弾少しですが入荷して来ました

2005年モデルトライアスロンバイク予約受付開始しました。

在庫切れで2ヶ月間もお待たせしてスミマセンでした。 室内トレーナーCYCLEOPSFLUID TRAINER入荷しました。 お詫びセールとして 前輪をのせるライザーブロック¥2800をプレゼントしちゃいます!
バイクのレベルアップの最短距離 実走行に近い、自然油圧負荷が練習を楽しくしてくれますヨ。


——————- 店 長 ひ と りご と ——————-
先日、あるご夫婦が USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に遊びに来たついでにといってお店にお買い物に来てくださいました。 すごく混んでいたでしょうと私が尋ねると・・・
にやっと笑って 「ゲートが開くと同時に二人でダッシュして。一般人をごぼう抜きして一番人気のスパーダーマンへ直行したんです。そうしたら並ばずに入れました」とすごく満足そうでした。
さすがトライアスリート夫婦! アトラクションが終わって出る時にはすでに150分待ちになっていたそうです。



現在の発行部数は1991 ————————————–
A t h l e t e C o m p n y
———————————————————
□発行元     :有限会社 アスリートカンパニー
□ご意見・感想は :admin@athletecompany.co.jpまでお願いします。
□「月刊カゲトレ」は転送自由です。関心のある方に配送いただければ幸いです。
□トライアスロンバカのお店「アスリートカンパニー」は
頑張るトライアスリートを本気で応援しています。
———————————————————-

購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ

ライバルには教えたくない!?凡人を強靱トライアスリートに変えるトレーニング法など最新情報をお届けしています。

お名前
E-mail

バックナンバー

RECENTLY VIEWED

  • アスリートカンパニー公式Facebook
  • 購読無料 トライアスロン情報マガジン 月間カゲトレ
  • 小冊子無料プレゼント! なぜあの人はあんなにバイクが速いのか?

アスリートカンパニーは頑張るトライアスリートを応援しています。

  • 今、トライアスロンが面白い!

    トライアスロンは、水泳、自転車、マラソンの3種目を一度に続けて行うスポーツ!ウエットスーツに身を包み、コースロープなどない大海原を泳ぎだし、 エアロポジションを保ちながらトライアスロンバイクで疾走する。そして、自分の持てる限りの力をふり絞り走りきる。 するとそこには、頑張った人にだけに与えられる感動のゴールが待っています。

    続きを見る
  • 初心者は何から始めればいいの?

    トライアスロンにチャレンジしたいけど、身近にトライアスリートもいないし、スクールもないし、具体的に何からはじめればいいの?とやる気はあるのに、一歩を踏み出せずにいる。そういう時は、私たちトライアスロン専門店にお任せ下さい。トレーニング方法や道具の準備など、あなたのトライアスロンデビューを準備から大会参加までトータルサポートさせていただきます。

    続きを見る
  • アスリートカンパニーについて

    『トライアスロンを楽しんでほしい』『あの感動を味わってもらいたい』 そんな気持ちから20年前にアスリートカンパニーはスタートしました。『トライアスロングッズがもっと身近にあれば、トライアスロンを始めやすいのではないか』『トレーニングの仕方が解れば、長く続けてくれるのではないか?』など皆さんの声を一つでも多く実現していきます !

    続きを見る